Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

別の日のグラ

数日前。雨の日。
『テラスに出して〜、出して〜』と言う。
猫には見回りコースがある。
「雨だよ?」『出る』
雨だと、いつもその場でUターンじゃん。
「ホントに出るの?雨だからね。雨だよ、雨」
(グラに言葉を教えているので反復する)
『出る』
いつになく、しっかり答えるグラ。
ほんじゃま、どうぞ。
窓を開けた。グラ、出動。

帰ってこない。

何やってんだろ?
のぞくと。。。

エアコン室外機の上にいた。
おお、いつもと違う行動パターン。
1709223.jpg

雨を見ているらしい。

ここで傘を広げて迎えに行くと、
自分だけバヒューンと飛んで帰るのは知っている。

君が帰ってこないと、窓が閉められない。
そうだ、グラホイホイを使おう。
カメラを取り出して構える。

う、効かない。
マジっすか!?初めてだね。

本格的に居座り態勢を整えるグラ。
1709221.jpg

食べてない割に太ったのは、
実はムクミじゃないかとハラハラしているkurage。

この後、普通に戻って来た。
見回り、お疲れさんっス。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

ある日のグラとkurage

『ねー、kurage。あのさー、kurage。
ねーってば、kurage』

グラがあんまりうるさいもんで、
「アンタさー、鳴いてる間に
『はい、コーヒー』って
いれてくれないかなあ?」と、つい言ってしまった。

うにやレイ、ベスやミミによく言っていたセリフ。
猫達は決まって、「また、そんなムリ言って」と黙り込む。
うになんぞ、「ふっ」と小さくため息をついていた。
あんまり無理難題を言ってもと、
グラには言わないようにしていたが。

「風呂掃除して、こっちへ来たら、
『洗濯物、片付けといたよー』とか、
不燃ゴミを出して来たら、
『鉢植えに水やりしといたよー』とか、
アンタもやってくれると、ちょ〜助かるんだけどッ」

グラは考えこんだ。
ごめんよー、困るような事を言って。
スルーして鳴き続けるか、
フイと向こうへ行くとか、するんだよね。

グラは、パッと顔を明るくした。
『アタシ、期待されてるのね』

う。。。うん。。。
いろんな意味で、君には期待してるよ。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

グラの最近

猫が口を開け、鳴いてる真似をする事がある。
この時の声は、人間には聞こえない高音域らしい。
母猫に甘える時にすると。

グラは視力も聴力も落ちて、上記の鳴き声を出す時、
しっかりと小さな小さな声を出している。
普段が「ねー、kurage。ねーねー、kurage」と
やかましいもんだから、
「おや?この鳴き方は?」と、最近、気付いたのだった。
本人は高音域で鳴いてるつもりなんだと。

昨夜、タタタッと駆け寄って来た。
この後、あの鳴き声を出すんだよね。
遊び気分で、kurageが先にやってみた。
口だけ開けて、声はナシ。

グラは考えた。
『どうしよう。kurageがなぜか子猫になってる』

グラは長い事、考えた。
『この場合、アタシはどうすればいいの?』

あまりに考えているもんだから、
「ゴメン、ゴメン」と謝ろうかと思った時、
『それじゃあ、グルーミングしてあげればいいのよね』
と、kurageの腕をペロリンペロリンと。

萌えたのは内緒だ。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

我が家の夏の風物詩は、もはやコレ

今夏もクマゼミが、何匹か来訪。やほ〜♪
177007301.jpg

これがミンミンゼミなら、
「お願い、そこで鳴きださないで。
どうか、よそへ行ってください。
お願いします。頼みます。この通りです」
と、両膝をついて拝み倒すが、
クマゼミは、さほど鳴かない。
この距離で鳴いても、まあ許せる。

その網戸の真下のグラ。
『あれは一体、何なの?』
世の中は謎に満ちているのだよ。ふっふっふ。
1707302.jpg

『寝よ、寝よ』
お手々がかわゆいん♪
17082-gula.jpg
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

グラ 暑さで運動は自制

160825.jpg

昨年の12月から毎日欠かさずに続けていた
グラとの遊び(猫じゃらしでの運動)は、
5月中旬から避けるようになり、
下旬には隠れるようになって終わった。
暑さで厳しいらしい。

じゃあ、緩やかに遊べばいいんじゃ?と思うが、
「ふざけないでよ」と冷たい目。
「年寄り扱いすんじゃないよ」的な。
「ただ、身体が思うようについていかないだけ」
らしい。

というワケで、スキンシップの時間に変わった。
全身マッサージとブラッシング。
もちろん、全身チェック。

食欲は、あったりなかったり。
ジュレを出すほどではない。
排便は腹部マッサージで。緩下剤の使用はナシ。

区画分けをしていた時は
温度湿度の管理が重要だったが、
今は全域自由に行き来できるので、
好きな場所で休んでちょと、その点は気楽。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |