Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。プロフィール画像は希望イメージ。

日本骨髄バンク
アルバム

Huluさんで映画にドラマ三昧

夏。
という事で、シャークシリーズ。

「レッド・ウォーター/サメ地獄」
B級なんだけど、
真面目な作りとサメの迫力は良かった。

いかにもC級の臭いプンプンの
「シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄」
それなりに楽しめた。
夜、仲間内でビールを手に、スナックをテーブルに、
で、ツッコミ入れながら見るのにちょうど良い作品。

「ダブルヘッド・ジョーズ」
続いて、「トリプルヘッド・ジョーズ」。

ここで、真打(?)「シャークネード4」。
いよっ、待ってました!
Huluさん、早めに出してくれてありがとう。
って、もう人間関係がわからない。
とりあえず最後まで観て、
1〜3を観直し、再び4へ。
2か3で、映画館のシーンがあるんだけど、
上演していたのは「トリプルヘッド・ジョーズ」だった。

やっと人物関係が飲み込め、ラストの重要さを知る。
この終わり方、5があるんだね。
検索すると、すでに撮影中で日本にも来たらしい。
もうこれはなんちゅーか、一種のお祭りっすよ。

一旦、喪黒ちゃんに戻って、合間に映画をボチボチと。
ゾンビものも1本。

ドラマ「キャッスル」に戻る。一直線。シーズン6終了。

友人に貸してもらった
「デスノート Light up the NEW world」を鑑賞。
うーん、グダグダ感が否めない。
それぞれの死神の動きもイマイチ。
竜崎、もっとカッコ良くなかった?
動きがすっごいぎこちない。
確か、Huluさんで前日譚をやってたよね。
あった、まだあったよ。良かった。
「デスノート NEW GENERATION」再視聴。
うん、こっちはすっごい良いんだよね。
映画に対して、期待をググッと持ち上げてくれる。
というか、前日譚を見てないと
わからない部分がいっぱい?
これから観る人は、連続してどうぞ。

喪黒ちゃんに戻る。
こればっかり見てると、救いがなくて
ちと辛かったりする。
アニメを探す。

「ジョジョの奇妙な冒険」から、
一番好きな「ダイヤモンドは砕けない」をチョイス。
見始めたら、止まらにゃい。
1巻から、全シリーズ持ってる。
現在、連載中のジョジョリオンももちろん。

アニメでも、世界観はそのまま。
ドォーン、ババァーン、とか、擬態音もそのまま文字で。
アニメ画面に文字がそのまま書かれてるぅ〜っ!

幽霊少女の事件の説明は、
さすがに穏やかめに表現されていた。
女性でも怒ると恐ろしいほどの言葉を発するが、
アニメではかなり女性言葉のまま。

ジョジョも昨夜、観終わった。
エンディングが気に入って購入。
なんと、1996年リリース。
Savage Gardenという二人組の「I Want You」。
ジャンルはPOP。
これが確かにピッタリなんだよね。

ドラマ「メンタリスト」の最終シーズンがついに出た。
今夜からは、これ。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

Huluさんでドラマに映画三昧

7月に入り、速攻で「進撃の巨人」
TVアニメ シーズン2を観た。
続々と進めて、二日で終わった。
12話だった。

間隔があいたせいか、1より強烈。
1は後半の途中まで原作を読んでたしね。
心の準備があった。

最近、知ったが、
TVアニメはレイティングの義務はないらしい。
製作者側(作者側?)からの申告制だと。
作った側としては、多くの人に見てもらいたいから、
わざわざ制限かけたくはない。
実写版映画はPG12、ゲームはD(17以上対象)である。

二日後の夜中、いきなりガバッと飛び起きた。
「あー、やっぱり夢に見ちゃったよ〜」
と思ったのは覚えているが、内容は忘れた。

同じく7月リリースの
「キャッスル」シーズン6に入る。
カラーがまるで違うので、どうにも物足りず。
で、ついに。。。
「インファナル・アフェア」に入った。
Huluさんに3部作、揃っている。

レンタルDVD時代に、一つずつ見た。
いつか、時系列順(2→1→3)で見たいと思っていた。
10年以上が過ぎ、記憶が曖昧なため、素直に1から入る。
となると、1→2→3→2→1→3の6回分の視聴予定に。
自分の事だから見始めたら止まらない。
この時間確保、どうすんの?
で、手付かずだったんだが、
とうとう突入しちゃったよ〜。

翌日は休日。
2→3と2本分を観るために、早めにTV前に座る。
2は人数が多いため、途中、
「ん?」とややこしくなった部分がいくつかあり、
終了した途端に最初から視聴し直す。
うん、納得できた。

翌日、「やはり時系列順に」と1に戻る。
その翌日に、ラストの3を。

次の日は休日。
ここでちと考えて、日本版スペシャルTVドラマ
「ダブルフェイス」をチョイス。初視聴。
TBSとWOWOWの共同制作。
西島秀俊、香川照之。
まずは「潜入捜査編」。
見終わると、一旦、夕方の家事をして晩御飯を作り、
もっぺんTV前に座って「偽装警察編」を。

オリジナルのインファナルアフェアの
名シーンを押さえつつ、時代に合わせたものへ。
途中、「そこはもうちょい、こう。。。」と
ツメの甘さがあるが、
映画ではなくドラマだから仕方ない。
全体的に超満足。
音楽がまた、たまらない。
はい、菅野祐悟さんでした。

ダブルフェイスのテーマ曲が入ったCDは
「thanks!〜菅野祐悟ベストセレクション〜」のみ。
CDは見つけられたが、1曲購入はできず。
この中の数曲、もう持ってるんだよ〜;;
残念。

その後はチョロチョロと映画を観つつ、
アニメでは「影鰐」とか「笑ゥせぇるすまん」とか。
影鰐は、紙芝居にSFXをかけた動画。
「起」を何気に観て、「承」でグイッと引き込まれた。
「転」は? 続きが観たいぞ。
まだ出てなかった orz

で、今は喪黒福造ちゃんとキャッスルを交互に観ている。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

元々ファンだが確実にハマった 進撃の巨人

あれこれと一気に見終わっちゃって、
次は何を観ようかな〜と
Huluさんのサイト内を漂流。

結局、短時間で気軽に見られるのはアニメだと
アニメコーナーに腰を据える。
その中から選んだのは、「進撃の巨人」だった。

原作は、11か12巻まで読んだ。
アニメストーリーの案内文では原作に忠実らしく、
「確か、ここら辺」と途中から視聴開始。

うわー、あの後、こんな展開になっていたのか。。。

シーズン1の最終話まで見て、最初に戻り、
第1話から見る。一巡したが、最後までもっぺん見る。

巨人という存在を知っていながら、
巨人が目前に出現すると、恐怖におののき凍りつく。
その感覚は、動画で明確になる。
スバルの巨人コラボCMを観た時は、感動モノだった。
静画と動画では、こんなに違うのかと改めて思った。
巨人、こえええぇぇぇぇっ。
こんなの現れたら、確かに凍りつくぅぅぅぅぅっ。

サントラCDはすでに1枚購入していたが、
新たにオープニングテーマ2つを買った。

シーズン2は?
7月から配信?
見たい。が、1話ずつだったら嫌だな。

冷やかし気分で、公式パロディだという
「進撃!巨人中学校」を見てみる。
登場人物達がチビキャラとなり、中学校生活を送る。

attack.jpg

まず、オープニングで「公式」の重みを知った。
オリジナル「紅蓮の弓矢」の歌詞を変えて、
そのまんまのアーティスト(Linked Horizon)が熱唱。
途中、数カ所に「キンコンカンコン♪」の
チャイムの音が入っている。
曲名は「青春は花火のように」。

キャラの声優さん達は、オリジナルのまま。
それで、名セリフをバンバン言ってくれる。

たっ。。。たまんねっす。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

攻殻機動隊 謡 III -Reincarnation (2.0Ver.)について

ここまで来たら、
ついでに攻殻機動隊のサントラの一つ、
「謡」(よう)の歌詞も記しておこう。

バージョンが1、2、3、とあるが、
kurageが気に入って購入したのは
「攻殻機動隊2.0 ORIGINAL SOUNDTRACK」
の中の
「謡 III -Reincarnation (2.0Ver.)」。

   ________


吾(あ)が舞えば        
麗し女(くわしめ) 酔いにけり


 < 私が舞えば、美しい女性が酔いしれる >

吾が舞えば
照る月 響む(とよむ)なり


 < 私が舞えば、照る月が共鳴する >

夜這い(よばい-結婚式-)に
神天下り(かみ あまくだり)
夜は明け
鵺鳥(ぬえとり-夜の鳥-)鳴く


 < 結婚(魂の結びつき、契約)のために
 天より神がくだり来て、
 夜は明け、ぬえが鳴く >

吾が舞えば
麗し女 酔いにけり

吾が舞えば
照る月 響むなり

夜這いに 神天下りて
夜は明け 鵺鳥鳴く

遠神(とおかみ)恵(えみ)賜( ため)


 < 遠くに座す神々が恵みを与えてくださる
 (どうか、与えたまえ) >

遠神恵賜
遠神恵賜

   ________


神の恩寵を賜る(たまわる)ための生贄の歌、
なんだよね。

個人的解釈でいくと、夜の檜舞台に神官達が演奏し、
正装した巫女達(麗し女)が祈りの言葉を唱える。
その中で、人間の代表となった人物が神への舞を披露。
その舞は、神のそばに仕える巫女達すら見惚れ、
頭上の月すら(大自然すら)共鳴するほどの見事なもの。

その見事さに、天界で最も人間に近い存在
(下位のもの)が降りてくる。
天界に戻る時、一緒に連れて行ってもらうため
(添い遂げるため)、さらに舞う。
夜が明ける頃には。。。

鵺(ぬえ)ってのは、単純に夜の鳥でもいいんだけど、
夜明けときたら普通は雄鶏のはずで、
そうなると、「鵺の鳴く夜は恐ろしい」
の意味合いになると思うんだよね。

鵺鳥が鳴く。
生贄の心の断末魔の叫び、ともとれるし、
下位の神となると、人にとっては妖怪や邪神となり、
まさに「得体の知れないもの」かもしれない。
それが動いた、生贄を連れて天へ戻った、ともとれる。

まあ、どっちにしろ、夜明けと共に終わったって事だね。

残った巫女達が渾身の思いで
「遠神恵賜、遠神恵賜」と、切なく祈りを続ける。
生贄と残された人間、全員のために。

人間界に来るのが下位の存在であるなら、
その上の神々はずっと遠い場所、
天上界の頂点にいるワケで、
「あなた方に命を捧げて尽くす人物を送りました。
どうぞ、か弱い我々をお助けください
(きっと、助けて下さいますよね)」と
上位の神々にすがっている。
すがるしかない、悲しさ。

ここの生贄は、決してムリに選ばれた被害者ではなく、
その役目を心して引き受け、任を全うする強さがある。
無償の人類愛。
現れた相手がどんな姿形であろうとも、
連れて行かれるその先がどんな世界であろうとも、
すべてを受け入れる気概。
その強さこそが美しい。
だからこそ、胸を打たれる。

興味深いのは、副題のReincarnation。
ここに希望を感じる。
人は死して神になる。
単純にこの世から消えたというだけではない。
また、戻って来るかも知れない。
人の形にこだわらず。自由に移ろいゆく。

輪廻は個人だけでなく、人類全体の意味もある。
誰かが誰かのために、という行為は、
巡り巡っていく。
THEME:ひとりごとのようなもの | GENRE:日記 |

攻殻機動隊 見るのにオススメな時系列順

せっかく調べたので、記録しておくよw

<攻殻機動隊 見るのにオススメな時系列順>
 _________

TVアニメ1.
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
(S.A.C.)
DVD13枚、計26話。2002年。

2.
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
DVD13枚、計26話。2004年。

3.
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
Solid State Society
」(S.A.C. SSS)
長編1話分でDVD1枚。108分。2006年。
これを劇場用3D化したのが
攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY
-ANOTHER DIMENSION-

特典映像付きの130分。2011年。

 _________


劇場版を見るために手早く内容を知りたい人用。

・笑い男事件をまとめたもの
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
The Laughing Man


・個別の11人事件をまとめたもの
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

 _________


劇場版1.
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0
製作技術面をリニューアルして差替え。2008年。
(オリジナルは1995年の
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
これが始まりである)

劇場版2.
イノセンス」2004年。

 _________


ガラッと変わって、新スタッフによる
若かりし頃の少佐の話。

170616arise.jpg
あ。。。荒巻かちょ。。
コホン。

劇場版として作られた4部構成。
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers
攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears
攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone
2013年。DVD各1枚。1話 約60分。

上記を再編集し、TVアニメ化して
2話分(PYROPHORIC CULT)を追加したものが、
攻殻機動隊 ARISE
ALTERNATIVE ARCHITECTURE

2015年。

レンタルDVD屋さんによって、置いてあるものが違うかも。
再編集版がなく、border編4枚を借りる時は、
攻殻機動隊 ARISE PYROPHORIC CULT
をプラス。DVD1枚。50分。

そして、アリスシリーズの劇場版。
攻殻機動隊 新劇場版
攻殻機動隊25周年記念作品。2015年。

 _________

でもって、実写映画。
ゴースト・イン・ザ・シェル
2017年。
スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし。

 _________

以上、2017年6月17日記。

なんだなあ。こうしてみると、私って、
まるでオタクみたいだね〜。
趣味に没頭できる幸せ。
THEME:ひとりごとのようなもの | GENRE:日記 |