猫は寝る

グラちゃん『撮影?もうや~よ、アタシ。
      どうせ目ェつぶるもんね』



グラさま、目をつぶってしまうなら
寝顔を撮るであります。
グラちゃん『!! 今の音、何っ?!』



すみません。ワタクシには何も聞こえませんでした。
グラちゃん『人間の可聴域ってつまんないわね』
誠に。



グラちゃん『寝顔の案には乗ってあげてもよくってよ』
恐れ入ります。
グラちゃん『それじゃあ、1、2の3で』



グラちゃん『1』



ZZZ...



肉球はなぜ魅力があるのか

梅雨入りしちゃって、おまけに台風ですよ、クレア君。

クレア君?
       ZZZ...


上でしたか。



この肉球を撮る。
うふ、うふふ。



ぷれでたーですから byクレア

う~~~ん、クレア君、か~わい~い~~~



ああっ、白っぽい下地で白い前脚が確認できず、
右側が切れた!
すぐにフォーカスロックし、画面を右側に。。。

クレア君、カメラのストラップにダッシュ!

↑の写真、目はすでにストラップを狙っていた。

本日の小さなお客様

久々のマクロ撮影。


ピントが厳しい。19時前でノー照明なら当然か?


テントウムシのこの丸いフォルムも不思議だ。

そんなもんさ

グラちゃん、ネコ籠の中でスースーとおやすみ中。
(ねこちぐらは高かったので、外国産の安いのを買った)

いいねいいね、その寝姿。
カメラを取り出し、アングルを模索。

よし!いざシャッターを!
グラ『あ、kurage~♪』
カシャッ☆

本日の小さなお客様

18時過ぎ。
逃げないよう、ちょっと離れて。
このゴールドクレスト、私よりずっと背が高い。
カメラを掲げてカシャッ☆
暗いからか古いからか、デジカメのピントが合ってない。



トンボの羽って不思議だよね~。

季節だからツバメがね

クレア『風が気持ちいいね~♪』



皆の2~3倍食べちゃうクレア君。
クレア『それが何か?』



軽くなると、タンスへの昇降がラクだと思うよ~。
  ジジジジジ
クレア『今の何?』



ツバメだね。
(虫の鳴き声のようなあの部分)
クレア『ツバメ。。。』
        ジジジジジ



クレア『あれもツバメ?』  ジジジジジ
ツバメだね。