Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

読み間違いってどっきりするよね

◯ 書き込み

× たれ込み

ある意味、同じ?

ふと思った

文字通り、通販生活。

緩衝剤としてたまに新聞紙が入っている。
それを丁寧に広げ、品物を見るより先に
まじまじと記事を読んでしまうのは
私だけだろうか。

冬は手荒れがひどくなる

家中の窓を開け、猫のトイレ掃除を済ませ、
石けんで手洗いし、ハンドクリームを塗り、
再び、家中の窓を閉める。
落ちた室温と湿度が戻るのを待つ。

と、これが冬の猫トイレ掃除の現場。
たまに、この直後にウンチ第2弾が待っている事がある。

いいんだけどね。
ウン、そりゃ出るのは良い事だ。
めでたいよ。
エライエライ、よく出したね。

この時期、湯で食器を洗い、
ちまちまと大掃除をし、手は荒れ放題。
また石けんで手を洗うのかと思うと、それが厳しい。

キッチンの流しではゴム手袋を使いたいが、
なぜかそこに在住しているグラちゃんは
ゴム手フェチなのだった。

消えてゆくエサ

クレアっちは早くもトド体型に戻りつつある。
自律摂食は順調。
徐々に皿の中の量を減らしていく予定。

年始まで充分にもつと思っていたエサがヤバくなり、
先月末に取り寄せたばかりだというのに、一袋、注文した。
師走の宅配事情は荒く、できるだけ避けたい。
一袋なら間違いなく宅配BOXに入れてくれる。

いつもは3袋注文なので、お店側も
「あら、年末年始の分がヤバくなったのね」
と、微笑んでいるんじゃなかろうかと一人空想。

頑張れ、クレアっち。
踏ん張るぞ、kurageっち。

気合いと根性と根気と時間 プラス知能

文字通り、通販生活。
通販用のメルアドは二つ。
プロバイダからのものと、フリーのもの。
数年もすると、迷惑メールが多くなる。
いつでも何度でも変更可能だが、
数多くのサイトに登録してあるので、
当然、面倒。

機会というのは突然にやってくるもので、
良い気分の爽やかな朝、迷惑メールが
いつも以上に入っているのを見て静かに冷め、
そのままプロバイダサイトに入り、
ついに変更に踏み切ったのであった。
このメルアドはそんなに使用していないので、
各サイトへの変更手続きは30分くらいで済むだろう。

いきなり、難関。
新しいメルアドとパスワードをどうする?
数年前までと違い、
「そんな安易なもの受付けでけまへん」と出る。

ここで15分ほどがチクタクチクタク過ぎていった。

これでどやッ?!
OK。

今度はメールソフト設定につまづく。
どこの何が間違ごうてるんや?言うてみい。

後回しにして、各サイトに変更手続きをしに行く。
なんとびっくりな事に、
「そのメルアドは存在しません」
と受付けてくれない。
最近のメルアド登録機能ってすごいんだね。
どのサイトに行ってもダメなので、
やっぱ先にメールソフトからだねと取り組む。
ここでもう20分がかる~く過ぎた。

ソフトと取っ組み合い。
通過!
設定後はどこのサイトもすんなりと受付OK。
いやはや、たいしたもんだ。

変更前のメルアドはまだしばらく使えるから、
期限いっぱい取っておく。
思わぬ所からメールが来るかもしれないもんね。

全体で1時間半。

メインで使用しているのはフリーメルアド。
こっちの変更はなかなか勇気がいる。

クレア君の食事事情

ノラ体験のある猫は、出されたエサを一気に食う。
次にいつ食べられるか、わからない。
切羽詰まった中で生き延びて来た。
家猫になり、きちんとエサが出されるのに慣れると、
食欲も落ち着く。
たいてい、数日~数週間。
クレア君は数年経っても慣れなかった。
でもって、皆の2倍は軽く食う。
でもって、「ご飯ご飯ご飯ーーーー!!!」と要求する。

でもって。。。

太った。

前脚が1本しかないため、体重増加はマジでヤバい。
高い所から飛び降りる時、前脚に負荷がかかる。
ダイエットせねば。

加齢で、今までのようにガツガツ食べると、吐くようになった。
クレア君、君の消化能力は落ちて来ているのだよ。
皆よりでっかくなっているであろうその胃袋を
小さくするところから始めよう。

というワケで、少量ずつ、回数を上げて出す事になった。
トド体型から、骨に触れられるようになるまで痩せた。
そろそろ、体重をはかってみようね。
今までは恐ろしくてはかれなかった。
7キログラム。まだ7キロですか。
ウチに来た頃は6キロでしたよね。
記録を取り出す。

うをっ!
4キロ!!(まじッスか!)

クレア君、4キロだったのに、7キロですよ。
あと1キロは痩せましょうよ(T_T)
(単純に10倍にして考えてみてくだせぇ。
 ちなみに標準の猫体重は3~5キロです)

クレア君は犬気質のところがあるので、
時間が来ないうちに『ご飯ーーー!!』と叫んでも、
「え?さっき、ちゃんと食べたよね?アタシ、ちゃんと出したよ」
と告げると、『う~ん、そうだよねえ』と
納得してくれるのだった。

それが。。。
納得しなくなった。
『お腹空くもんは空くのーーー!!』

日々、攻勢。
ああ、1日分、まとめて出したい。
どんなにラクだろう。

試しにドカッと大量に出してみた事がある。
毎回、スカッと食べきり、
数時間後には『ご飯ーーー!!』と叫ぶのであった。

自動給餌器も考えてみたが、ほとんど6時間毎の設定。
クレア君は日中3時間毎。マジで大変。
少なくとも皆の2倍は食べている。
下手すると1~2時間後に『お腹空いたーーー!』
ってどうよ、ソレ?!

ついにぶち切れたkurage、
犬用のエサ皿にドカッと山盛りにして出した。
これだけ大量にあれば、
クレア君にも『数回分だ』とわかるだろう。
これでダメなら洗面器だ。

この量を一気食いしたら、どうしよう。
ゲボゲボ吐きまくるとか。
吐いて、また食べて、吐くとか。

いや、胃は確実に今までより小さくなっているはず。
勝率は高いぞ。
何よりも、クレア君は賢い。

でもって。。。

クレア君は静かに認識した。

『これは1回分ではない』

でもって。。。

念願の自律摂食が始まった。
一度も吐いていない。
  →猫は丸呑みで、食道から胃まで
   一直線に詰込むため、吐きやすい。

何匹分の量を出したのかはわからない。
24時間経たないうちに、カラになろうとしている。
今後、どうなるのか?

これで様子見するしかない。
慣れてくれれば、量を減らしていこう。

完全室内飼い、すべての責任は飼主に。


んがっ!

何も無い壁に小さな汚れが。
(今にも降りそうな曇りの中で)


木の葉がなんでくっついてるんだろう?


いや。。。木の葉じゃない。


蛾 (@o@)


横6ミリほど、全長1センチちょい。