つらつらと書き綴る

レイ、落ち着いている。
コタツから出て、トイレに行かなければ水。
または一声鳴いたら水。
だいたい3~5時間毎。
なので夜も最長5時間は寝られるはずなんだが、
こっちが勝手に緊張して眠りが浅い。

猫の老衰期看護の一例として
知りたい人がいるかもしれないので
つらつらと書き連ねておこう。

・シリンジでの給水の場合、何時に何cc飲んだか記録。
次の時間の予測ができるし、飲水量の増減もわかる。
1日量も合計して書き出しておく。

・ウチでは人間用スポーツドリンクを使用。
猫と同じ点滴を人間がしているなら、
点滴代わりのドリンクも猫に使えるワケで。
(人間用の医薬品のほとんどは動物実験によるもの)
(当然、良質なドリンクを選ぶべし)
どの道、野良だったらゴミ箱から何を飲んでるかわからない。
カップ麺、コーラ、酒。。。
シリンジに吸ったのを手で握って温める事もあるし、
小さい深型の皿とその中に入る小型コップを使って湯煎する事も。
外気温が氷点下ともなれば、そんなに熱くなる事はない。
希望は38~39度。
生きた得物を食べるなら、それくれいでっしゃろ。
(熱がある猫や夏場にはわざわざ温めない)
猫によっては純粋な水やミルク系を好むかもしれない。
尿崩症のルークの時は、200ミリリットルの点滴プラボトルを
動物病院から購入し、角をハサミでカットして水皿に移し、
あげていた。(飲む飲む)

・排泄も全部チェック。
量や回数が減ってきたら、心臓や腎臓が弱ってきた事を意味する。
この時、手足が痩せて骨だけなのに
体幹部はふっくらするかもしれない。→浮腫。
 気道や肺が浮腫を起こすと、呼吸が苦しくなる。
 その場合、寝た姿勢より座っている方が本人はラク。
 または顎が上がる。
 心臓が浮腫を起こすと心不全に。
 心臓と呼吸器官の症状が同時に出る事もある。
腎不全になると尿毒素が体内に回り出す。
いずれにせよ、状況によっては安楽死を考慮。

・寝床から出た時に寝床を掃除またはチェック。
知らない間に吐いていたり、出血や排膿があるかもしれない。
ウンチが転がっている事もある。

・自分でグルーミングできないので、代わりに人間が行なう。
清潔保持と全身の循環を促す。
全身マッサージはなでるようにゆるやかに。
場合によってはペット用ウェットシートで清拭。
目だけ口元だけという場合は、
ガーゼか綿を適当な大きさに切っておき、
水で湿らせ、手に握って温めてから使う。
(→頻回に使う場合はタッパーなどで作り置き)

・他、そばにあると便利な物。
ティッシュ、ゴミ袋(臭いがするものをまとめて捨てたい時)、
タオル数枚、古新聞、マット、撥水シート、ちょっとした掃除用具など。
人間用にはクッキーなど簡単につまめて栄養になるものがあると
ちょ~便利。あとは音楽とネットですな。

・夜の付き添いも始まると、夏場なら、枕代わりの何かとタオルケット。
冬場なら厚手パジャマの上にハンテンを羽織ったまま寝る。
すぐに飛び起きられるように肩や腕を出して横になるし、
起きた後も身体を冷やさない。
膝に乗せてハンテンで猫を胸元にくるむ事もあり、何かと便利(笑)

・猫によっては体位変換も行う。
同じ姿勢を取りたがる場合は、寝ている位置をそのままずらしたり、
下になっている面に手を入れてさする。

・そこまでするかという人がいるかもしれないが、
裏できれいで丈夫な箱を用意しておく。
(動物霊園によっては棺や専用箱を購入できるようになっている)
死後、硬直が始まるのは意外と早い。手足は特に。
できれば30分以内(遅くとも1時間以内)には身体を整えたい。

レイ 排泄は良好

レイ、お尻に小さなウンチ。
出したんだね。エライエライ。
おしっこ共々、排泄良好。
指での給水では足りないらしく、
水皿やキッチンの水道まで行くが
(椅子を間にカウンターまで昇降する)、
うつむいて飲むのができないようで、
シリンジ給水に切り替えた。
普通は口の横から入れるが、
哺乳瓶みたいに正面上からあげるとペロペロなめる。
「オカワリ、いる?」と聞くと、
シッポを振って合図する。
23時9cc.

予想以上に経過が早い。

レイ 今のとこ介護は順調

レイ、トイレに入るが
入口のおしっこシートに見事に出している。
文明の利器に感謝。
掃除の手間がまったく違う。
新しいシートに取り替えるだけ。

水皿に指をつけ、レイの口に水滴を入れる。
これとブラッシングや軽いマッサージ以外、
今は特に世話はない。
付き添い態勢は日中のみ。
kurageは隣のクレア君の部屋で寝る。
フェンスドアなので、様子はすぐにわかる。

朝、フェンスドアのそばに来て何回か鳴いた。
なんだなんだ?何がしたい?
起き出して抱っこするが、
要求がわからないので、
寝床から出ているうちにとブラッシング。
ついでに身体を拭いておこうか?
え、寒気がするからイヤ?
それより水が欲しい?
早く言いなよ。
指であげると飲む飲む。
ライオンや馬等、野生動物は20分でも飲み続ける。
何回か、水皿から直接飲もうとするが、
どうもうまくいかない様子。
が、そのうち、うまくできた。
念のため、上半身を支えておく。
こ。。。腰が。。。
レイ、満足して寝る。良かったね。

ふいに起きてきて鳴く。
今度は何だ?吐きそう?
ちゃんと受け皿(鉢植え用の皿)を用意してありまっせ~。
どうぞ。
3回、嘔吐。毛玉だった。
エライ、よく出したね。

レイ、起き出してトイレへ。
んーとその位置だと。。。OK。
全部シートが受けとめた。
ホント、便利ですごいよ。臭いもしない。

空気の入れ替えで、テラスへの窓を開けると、
レイ、外に出る。
帰れずに鳴く。迎えに行く。

こうして連係プレーがうまく取れているうちはいいんだよね。
そのうち。。。いや、考えまい。

付きっきりにならないうちに、外での用事を済ませよう。
郵便局で簡保の前納と美容院でカット&ヘアマニキュア。
残る用事は確定申告。
作成はリビングでできるから、安心。

床暖の上のなんちゃってコタツは、幅120センチ。
布で中を二つに分けた。
グラちゃんと2匹で仲良く使って下さい。
レイ、左を使ったり右を使ったり。
結局、グラちゃんは猫ベッドへ追い出されている。
すまんの。ありがとう。
当然、いつもよりスキンシップは多めにする。

クレア君。この姿でスカーッと寝ていた。
パパラッチkurage。
食欲はマジで落ち着いてきた(^^)v


さて、ミミの部屋でレンタルDVDを見よう。
ミミもほとんど寝ている。
鳴き出すとうるさいが、静かだと不気味。

レイ トイレミス始まった

レイ、歯の変色、軽快。
22~23日に食べて、抵抗力がアップしたのだろう。
24日~食べず。
昨夜、少々、動きあり。
トイレミスが始まった。
老化が進むと例によって、
本人はちゃんとトイレに行ってるつもりが
実は入り切っておらず、入口の外に流れるという、アレ。
おしっこシート登場。
顔つきはぼんやりした感じが多くなった。
本日、昼、ミミ区域からリビングへ戻した。
本人は慣れたコタツの中がいいだろうが、
ミミは布団に放尿するクセがあり、
付き添いが始まると落ち着いて寝られず
こちらの睡眠不足に拍車がかかってしまう。
(コタツ布団は撥水性のある毛布調にしてある)
レイはグラちゃんと暮らした事があるので、
同居にそう無理はないはず。
床暖の上に家具調コタツ、そこに古毛布をかけコタツ風にしてある。
その中に2匹一緒に寝られるかどうかが問題。
というか、おそらくグラちゃんが追い出されるかな(- -;
1年前は腎不全末期のうにで追い出されていたグラちゃん。
すまんの。
猫ベッドは他に3カ所。こらえてやってつかぁさい(-人-)



写真は昨夜、ミミ区域でのもの。


慢性腎不全予備軍で「とにかく食べて栄養をつけましょう」と
言われているグラちゃん、ぷにぷにと脂肪が増えた。
クレア君は食欲が落ち着いてきたように思う。

参ったにゃ

ミミ、3年ほど前から時々
瞳孔に左右差があるように感じる事があったが、
昨夜、数秒間、蛍光灯の明るい場所ではっきりと確認。
右が開き、左は縮小。
瞳孔不同。
参りましたにゃ。
平成19年1月を最後にケイレンはナシ。
嘔吐発作も流涎発作も、ここ数年ほとんどナシ。
平成17年の脳CTで異常なく、MRIの話があったが、
近畿から愛知県へ出て全身麻酔。
その労力を猫に強いたところで、
恐らく異常が見つかったとしても
何の手段もないだろうとの事。
そう、今回も瞳孔不同を確認したからと言って
何がどうなるのか。
子供の頃から珍妙な猫だった。
やっぱ、性格云々じゃなくて病気だったんだね。
少しでも若いうちに検査をと、
大学病院でできる事はすべてしてもらった。
その結果があるから、今、こうして落ち着いていられるワケで。
現在、別世界に行っちゃってるらしい静かな状態と、
目がどこかいったまま鳴き続けてる状態と、
その合間に、目線が合ったり意識が確かにそこにある状態とが
クルクル展開。
今後、それらがどうなっていくか、ですな。

レイ、昨日から食べず。
水を飲みに出て来る以外、コタツ布団の中で静か。
歯が抜けたら元気に戻るのか、歯は関係なしなのか。

合わせて、ダブルショックですにゃ。

レイ 静か

レイ、ウェットフードにしてから朝鳴きが消える。
今日は匂いを嗅いだだけで食べず。
カリカリもそう減っているようには見えない。
食べ散らかしもない。水皿の汚染もなし。
つまり。。。カリカリを食べたのはミミだけで、
レイは食べてない?
2年前からいつ老衰に入ってもおかしくない感じがあり、
ヒヤヒヤする。
赤ちゃん時代の重要な栄養摂取時期に苦労したものは、
年を取ってからその苦労が肉体に
著明に現れるんじゃないかとよく思う。

レイその後&クレア君区域の防寒グッズその後

レイ、昨日からウェットフードを1日2回。
ウンチに良い艶が出ていた。(水分確保良好)
早く落ち着いてね。
(落ち着いても歯がある限り繰り返すんだよね)

クレア君の部屋の窓の防寒グッズ、
プラ製ははみはみと噛んで味を確かめるため、
先日、布製を買い、貼付けてみた。(1/17記)
ピタッと粘着式で、時々ははずさないと
密着してしまうと注意書きあり。
今日、はずそうとしたら、
すでに幾分か貼付いてしまっていた。
右側のみ。
確か、ギュッギュッとしっかり押し付けたっけ。
しまった。
軽く置けばくっつくので、
そんな事する必要はなかったんだよね。
今度からそっと置こう。
一部分、ベンジンで試したら落ちた。
天気の良い日に、窓全開で磨き倒そう。
それと、横着せずに日中ははずすべし。
しかし、それではワンシーズン持つかどうか。
値段はさほどでもないのでかまわない。
安全性を考えれば、これがいい。
問題は品物があるかどうかだ。