Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。プロフィール画像は希望イメージ。

日本骨髄バンク
アルバム

イソヒヨドリ ペアで来訪

昨夕、かなり近くでイソヒヨドリが鳴いた。
どこだろうと思ったら探すまでもない、
すぐそこのベランダであった。
1408171.jpg

向こうからはこちらはまったく見えていないはず。
そーっとそーっとカシャッ☆とな。
1408172.jpg

グラちゃんがいつの間にか窓際に寄っていた。
うんうん、猫はそうでなくちゃ。
成長したねえ(ホロリ)。

そーっとそーっと、
カーテンの隙間からレンズをのぞかせ。。。

右手側。
1408173.jpg

ほぼ目の前の左手側。
1408174.jpg

と、なぜか右側の離れた鳥が逃げた。
その鳥の真ん前に位置するグラちゃん、
ちゃっかりカーテンの中に入り込んでいた。
大胆すぎるよッ(^^;
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

床でもなくタンスの上でもなく中間地点

今もあるのか知らないが、
平成6年だか7年だかに出ていた猫用品。
1408133.jpg
(右上は別の段ボール紙で穴を塞いだ)

強い段ボール紙で組み立てる三段ボックス。
壁面や間の板面に穴が空いていて、
猫がスルスルと登ったり下りたりできる。
横(4方向)に連結可能。
ウチでは一段分を連結。

子猫には大ウケだが、
成猫になると下か上かの極端な使用になる。
三段の下にはマットを、
一段の下には爪研ぎ、その上は穴を塞いでマットを置いた。

三段の一番上を使用していたのはアカネとベスの2匹だけだった。
なので、ずっと上は放置されたまま。
しかし、しかし、何と言う事でしょう(by某番組)
グラちゃんも上が好きだったのです。
(オーマイガッ!)

アカネとベスにはまん丸い猫ベッドを使用していた。
猫が顎をのせるのにちょうど良い高さのもの。
すでにない。

というワケで、二日かけて
様子を見ながら作ったグラちゃんベッド。
1408132.jpg
(寝ているところを撮りに行ったが起きてしまった)

下にマットを二つ折りで、
その間には柔らか素材の布を挟んである。
夏なのでこのマットでちょうどいいと思う。
毛も掃除しやすい素材。
冬は古セーターを置こう。
周囲の円形は、古布を丸めてバスタオルで巻いた。

段ボールの縁に沿ってスクエアにすると見た目も良いが、
猫は丸くなって寝るので、
丸い方がフィットしていいらしい。

グラちゃん、使う使う。
今、メインの寝場所はここ。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

鳥が手すりに

スーパームーンの満月、
10日の就寝前に少しだけ観られた。
月の大きさ云々はわからなかったが、
輝きは確かに増量w
昨夜は雲の向こうにあるのを
わずかに観て、あとは雲だらけ。
残念。
9月に期待。

朝からずっと雨。
そんな中、鳥がテラスの手すりに来訪。
網戸と窓越しに隠れて撮影。

イソヒヨドリの雄かと思ったが、
画像で見ると雌だね。
1208122.jpg

アイビーに何か芋虫がいるのかな。
右の葉に食いつき、左の葉に食いつき。
1208121.jpg

こういう時、ネコは窓に群がって
「カカカカカ」だの「ニャニャニャニャニャ」だの鳴くが、
グラちゃんは鳥がいるのに気付いてない。
呑気すぎる。
1208123.jpg

クレア君が窓に貼付いているのを発見。
うんうん。犬気質だけど、やっぱ猫なんだね。
何となく嬉しいオカアチャンだった。

鳥だの虫だの、まあホントにネイチャーな住居だよ。
THEME:今日の出来事 | GENRE:日記 |

今度の日曜・月曜はスーパームーン

昨夜遅くに雲に切れ間が出てきたが、
月はどこ?状態だった。
残念。

次の日曜・月曜はスーパームーン。
8/10(日)の夜、つまり11日am2:43に最大。
ほぼ1時間後のam3:44に満月。

というワケで、今度の日曜・月曜は
暮れかけ時に撮影待機(毎度、好きダネ)。

台風11号、被害最小で通過、または早々に消失を望む。

P7210007.jpg
THEME:伝えたい事 | GENRE:ブログ |

がっつり曇りだよ

今日、明日は、月・土星・火星が最接近☆
今夜は月と土星が、明日は月と火星が近いんだって。

18時、日が暮れてきた頃に南の空に。。。
三脚用意して撮りたいな。

って、こっちは台風の影響でとても観られそうにない orz
THEME:今日の出来事 | GENRE:日記 |

クレア君のトイレ事情

クレア君は大きすぎて(9.9キロ)、
一般のトイレではいかにも窮屈。
6キロ台のうにやチャタでも気の毒だった。

放浪体験のある猫や病気の猫が複数いると、
トイレカバーは必需品である。
カバーの天井部分がなければいいのに。

と、ハーフカバーとかいうのが発売された。
トイレの横回りだけをカバーする。
そんなに良いアイディアを出しておいて、
なぜ丈が短いのだろう。
ホントに横回りだけのカバーなんだね。
スプレー癖のあるコには間に合わないじゃん!
トイレから飛び出す猫もいるんだよ〜。(砂バラバラ)
(うちの猫達に「ここだけが出入り口」という認識はない)
普通のカバーのこの高さで天上だけがないのがいい。
ああ、道具さえあれば、猫用品どんどん作っちゃうのに。

で数年経過して、時代の流れで
トイレ用品にもデカイのが加わってないかと探したところ、
リッチェル F60というのを見つけた。


リッチェル コロル ネコトイレ F60 フード付アイボリーリッチェル コロル ネコトイレ F60 フード付アイボリー
()
リッチェル

商品詳細を見る


横置きより縦置きが好みだったが、とりあえず1個購入。

ちなみに普段、使用しているのはこちら。。。
と思ったが、もう販売していないみたい。
見つからない。
一番近いのはこちら。


リッチェル コロル フード付ネコトイレ アイボリーリッチェル コロル フード付ネコトイレ アイボリー
()
リッチェル

商品詳細を見る


本体にも高さがあるし、丈夫。
他のトイレが2千円くらいの時期に4千円台だった。
(だから消えたのか?)
ウチにまだ5個分の予備がある。

話を戻すと、クレア君にはF60でもまだ小さかったが、
今までよりはそりゃ良さそうって事で、
さらにもう1個を買った。
そして半年以上が経過。

クレア君、加齢のせいか便秘がちで、
トイレ内で3本足で踏ん張るには厳しいものがある。
踏ん張りに踏ん張って、それでも出なくて、
一旦、トイレの外で横になって休憩。
その時に、お尻から。。。
(脱力したので出たという皮肉な結果)
出ればそれでいいんだけど、
瑞々しいウンチの掃除は大変だったりする。
でもって、ついに。。。
ハナからトイレをあきらめて、
柔らかいマットの上でする時も出て来た。
一応、気にしてくれてはいるのだが(これがまたカワイイ)。

結局、カバーをはずした。
本体の丈はやや小さいが、
クレア君ならモーマンタイ(無問題)。
それでも「トイレの壁」はあった方がいい。
いざという時には、拭けるか洗える物が望ましい。
何か代用できないかと探すと、
昔の小さな折畳み式の風呂フタが出て来た。
横にしてトイレと壁の間に差し込み、立てかける。
意外とがっちり立ってくれる。
幅がそんなにないので、
トイレの奥側と手前側(左横)を優先。
折畳み式が幸いして、
トイレのコーナーに割とピッタリ合わさる。
残るは右横部分。
とりあえず、昔に買ったガスレンジのトレーを使った。
トイレの下に置くのにいいかもとか、
ガーデニングで土をいじる時に便利かもとか思って
取っておいたのだった。

そして、数日。
クレア君、今までよりは使いやすいようだ。

見た目に統一感がないが、今は間に合わせって事で。
そのうち、全面を覆えるサイズのを買おう。
可愛い色とか模様付きとか、いっそ抗菌仕様とか。

結局、カバーなしで本体だけなのね。ははは(^^;
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

グラちゃん?

グラちゃんは元気だし、ますますお茶目であるが。。。
歯髄炎に侵されていた上の牙2本が抜けたというのに、
いまだ摂食量は回復しない。
一時アップしたが、数日でダウン。そのまま。
痩せている事もないが、
もう少しふっくらしてもいいんでないかい?

ホントは腎不全予備軍だから、
治療食とか炭素吸着剤とかを意識した方が良いんだけど、
食べなきゃ死んじゃうって事で、
もうそっちは無視する以外にない。
なので、血液検査ももうしていない。
数値を確認したところで精神的に悪影響なだけ。

排泄や飲水量や毛艶は変わりない。

聴力が落ちているのはもはや間違いなく、
声をかけて部屋から出て行くだけでは不充分。
「kurage、急にどこに行ってしまったの〜?」
と大声で鳴く。
その声すら本人には聴こえにくいんだから、
普段以上に大声になる。
返事してもラチがあかない。
リビングからひょいとキッチンに入るのもダメ。
「どこ行ったの〜?」
「キッチンですよ、キッチン」
カウンター越しに声をかけてもダメ。
皿や水の音も聴こえないらしい。
目の前にいた人物が急に消えるのは確かに脅威である。
直接、彼女の視界に入った状態で動く事に。
「向こうに行ってるからね」と出て行く姿を見せたり、
「キッチンにいますよ」と身体を乗り出したり手を振ったりして、
彼女の視界に自分の姿を入れる。
そうすれば、いつも通りのグラちゃんに。

脅威が続けば、何もない状態でも
不安に襲われ神経質になってしまう。
そうなってから対応したのでは遅い。
ちょっと面倒だが、部屋から出るたびに
「グラちゃん、どこ?」と探して彼女の視界に入り、
部屋から出る姿を見せる。
「ちょっとトイレ」であっても
「あ、洗濯が終わった」であっても
「のど乾いた」であっても、すべてそうである。
別室にいる時はそのままでOK。
(わざわざ部屋に入って行くと
 「遊ぼう」の誘いになってしまう)

というワケで。。。
もしかするともしかしなくても、
ゆっくり老衰に入ってるんじゃないかと思ったりする。
腎がやられる前に寿命が来る方がそりゃ有難いけど。。。

毎回、ドキドキしますにゃ。

P7200004.jpg
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |