Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。プロフィール画像は希望イメージ。

日本骨髄バンク
アルバム

サナギ

壁面にあったあのアゲハのサナギは、
今日、消えていた。
そこらにまったく何の痕跡もなく。

鳥。。。
鳥なんだろうなあ。

ああ。。。
THEME:今日の出来事 | GENRE:日記 |

もしかしてサナギで越冬?

10月31日(金)に見つけたアゲハのサナギは
いまだにサナギである。

もしかして。。。

越冬ですか?
このまま越冬しちゃいますか?

できれば、そっちで。
間違って小春日和に出てきちゃダメよ。

なんか。。。ああ、もう。
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

iMac メモリ増設

iMacに8GBのメモリ増設をした。
若干、動きが早くなったような。

2009年製、まだまだ頑張ってもらいたい。
今後も何かと各種インストールが続くだろうし、
2〜3のソフトやアプリを同時使用
ってのは普通なので、これでかなり安心。

時々カーソルが見失われる現象は、
残念ながら解消されず。
何秒か待てばいいのだが、
その時間がやや短縮されたくらい。
カーソルはちゃんと存在しているし動きも良い。
ただ、クリックがいきなり認識されなくなる。
矢印の形だったり手の形だったりで、
多分、そこら辺、旧式と新式のシステムが
ぶつかり合ってるんじゃないかと思ったりする。
Yosemiteのクリーンインストール、
微妙に失敗したからね(^^;
もう、やり直す気力はない。

クセのあるiMacって事で。
このままいっちゃう。

以下は、「スノレパファンだったが
時代の流れに沿って仕方なくYosemiteを受け容れたよ。
そしたらメモリ増設の必要性を感じたんだ」
という同士のための覚書。

最初に言っておくが、あくまでもイチ体験談であって、
当然ながら自己責任でよろしく。

iMac (Late 2009) 27インチ。

メモリの型は小冊子
「Everything Mac Macのすべて」に記載されている。
続けて増設や交換方法が書かれている。

底面部の蓋を開けるには、
できれば精密機器用のドライバーがいいが、
何人かが「大きめのドライバーでいけた」と記録している。
Amazonでは、メモリとドライバーの同時購入の案内もあり。
ウチでは趣味でちょっとした
精密機器用のセットがあったのでそれを使用。

この機種はメモリががっちりと食い込んでいて、
交換も差し込みも不可能に近い。
検索すると、大の男でも30分〜1時間はかかったとある。
1番に大事なのは共通して「気合」とあり、
2番目は「破損が恐ければおとなしくプロに任せる」であった。

気合は充分にある。
体力はないが、一応、元病棟ナース。
ボディメカニクスはそこらの人よりは心得ている。
(任せてと言い切れないところがちと情けない)
取出し交換はせずに差し込みだけなので、自分でやる事にした。

壁にくっついているデスクに
Mac画面保護のための布を敷き、
Macを静かにうつ伏せに寝かせたら、
頭部をしっかりと壁に押し付ける。

ウチでは中綿入りのキルティングマットをチョイス。
洗濯済みのもの。
一応、ブラシをかけて埃を取っておく。
デスクやその周辺も、あらかじめ(数時間前に)
きれいに掃除しておいた。
Macを動かすのに、軍手くらいの厚さの手袋をはめた。
マットは頭部から画面を覆うくらいの大きさで。
底面部分は大きく空けておいたほうがいい。

Macは当然、電源OFFで冷ましておく事。

底面の蓋を開ける。
白くて丸いふわふわの埃が
妖精のように住み着いている。
掃除機などで舞い散らかさぬよう、
適宜、除去しちゃってください。

黒いテープの端を外に出す。
(写真や動画などで
 わかりやすく説明してくれているところが多いので、
 想像つかない人はそっちで見てちょ)

元々のメモリは少しも揺るがず、
まるでMacとつながってしまっているかのようである。
下の部分に空きスペースがあるから、
そこに増設用メモリをまっすぐに差し込む。

お初の人はここでちょっと悩むかもしれない。
メモリにはシールが貼られている。
なんだ、このシールは?なぜ、わざわざここに!?
予想外の難関であった。
検索であっさり解決した。
貼ったまま で。

あとは説明通り、カチッと音がするまでメモリを奥に。

これができない。この機種は。

内部の幅は約2センチ。
これより小さい幅の、何かの板を用意する。
そう、かまぼこ板のような。
(メモリが板に食い込みそう)
ジッポのライターとか。
(一歩間違うと傷がつく。っちゅーか持ってないけど)

ケータイのような合わせ部分があるものは危険。

お土産にいただいたアクリルの置物。
某神社のもので中には桜の花が。
手のひらより一回り小さい絵馬型。
厚さがかなりあって丈夫そう。
一応、合掌してから使う。
幅がちょうど2センチで(2センチも!?)
内部にまでは入らず。斜めにすると届く。
メモリに絵馬型アクリルの底面をあて、
そのままゆっくり押し込む。
スルッ、ガチャッ!
もう1枚。
スッ、ガチャッ!

この音が大きすぎて恐ろしい。
カチッではなかったのか、カチッでは。

黒いテープを戻し、蓋を取り付ける。
蓋は開けるのは簡単だが、
きれいに締め直すのは割と難しい。
ネジ山が壊れないように気をつけて。

Macを元に戻し、起動。
アップルメニューから
「このMacについて」をクリックし、
メモリの数値を確認。

メモリ、黒いテープ、蓋は3点セットで認識される。
確認だけしようと手を抜いて蓋を開けたまま、
または確実に閉めないままで起動させると
大きなビープ音が鳴るので注意。

絵馬型アクリルに感謝の合掌をし、菓子を供える。

以上、先人たちの苦労と記録を元に、
身長155センチの中年女性が
二日かけてトライしたまとめである。
(1日目は、窓に向かっているPCデスクでチャレンジし、
「こりゃ壁に押し付けないと無理だよ。道具もいるよ」と
 思ったのでした)

この機種の後は、カニバサミのようなレバー式になり、
それでも動かすのに苦労した様子。
そこからさらに簡単になっていったらしい。
今時のはスッスッとできるんじゃないかな。

追記。
二日間はたまたま雨が降ったりやんだりで湿度があった。
乾燥していると静電気で機器が勝手に
埃を吸着してしまう可能性が高いから、そこら辺も留意。
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

まるでダンスのような

昨夕、ついにコタツを出した。
今までで一番、遅かった。

サナギの色が今までより明るい感じに。。。
なった気がする。
1411031.jpg

大変だねえ。木枯らしの中。
あったかい日にうまく羽化するんだよ。
1411032.jpg

と見ていたら、ううう、動いた!(@o@)

ええっ、まさか3日目で今から羽化?
ははは、そんなワケないよね(^^;

まるで、寒さの中、
循環を促すために動いてます、みたいな。

ど、どどど、動画。これは動画でッ。

[広告] VPS


iPodでの縦撮り。
今度から横撮りにしよう(^^;
椅子に乗って手を伸ばしての撮影。

検索したら、動いて普通なんだね。
大きな音がしたり、
何か刺激になるようなものがあると動くんだってね。

知っている人は知っている。
でもきっと、知らない人は知らないw
THEME:今日の出来事 | GENRE:日記 |