Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

観察と確認を終えました、的な

昨日の朝の事だが。。。

天井付近に蛾。

1511291.jpg


土中越冬に入ったとばかり思っていた、
あの芋虫は、蛹化してたんだね orz

どこに蛹があるんだか、
シダの間を分けてみてもわからない。

成虫の姿を見る限り、
マダラツマキリヨトウだよね。
椅子に乗って、近付いて撮影。
朝の屋内で天井すぐそば、暗いってば(^^;

縮小表示。
151129.jpg

どこから来たんだか。
まあ、シダの胞子が飛んでくるくらいだからね。

で、成虫になると、餌って何なの?
意外と知らないよね。蛾の餌って。

何々?
花の蜜、果実、樹液、死んだ虫の体液。。。

家の中でどうするんだか。
外に出しても、この寒さでどうなるんだか。

今朝は場所を移動しており、その2時間後には消えた。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

猫サマリー

クレア君、体重測定。
ダダダダダダダ。。。(ドラムロール)

8.8キロ。

確か前回、9キロ台だったかと。
よし、よし、よし(^^)q

香箱座りだと、太もも部分が
キュッと握れるようになった。
(本来、それが普通)

最近、ようやく食欲が落ち着いてきたかなと思う。
ノラや捨猫出身は
「今、食べておかないと次はいつだか」
の意識が強いが、
たいていは1週間〜数ヶ月で落ち着く。
クレア君は。。。10年?11年?
ウチに来た頃は4キロだったのに。

夜中の廊下通行の床に響く音は、
マット2枚敷きで落ち着いた。


グラは身体が小さくなった。
聴力も視力も落ちているようで、
それに対しては若干の注意が必要だが、
元気は元気である。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |

シダの芋虫 その後

外から中へ移動した鉢植え。
下草となって繁殖したシダにいた芋虫2匹。

昼間も姿を現し、のったりした動きで
それでもシダが全滅するのでは?という勢いで
葉を消していき、フンフンと大きめの
コロコロしたフンをまき散らし。。。
土中越冬に入る前準備だろう。

アイビーなら刈り込んで乾燥させて
燃えるゴミの日に出すくらいあるってのに、
シダしか食べないとは。

日中、ずっと姿を現しているって事は、
ヨトウムシじゃないのだろうか。

成長し、模様が変化。
美しい緑色に黒い横スジ。
頭に近い方に黒点がチョンチョンと2つ並ぶ。
「シダ、イモムシ」で検索すると、
マダラツマキリヨトウが出てきた。
ヨトウガはいっぱい見かけたが、
こんなカラフルでフサフサな奴は知らない。
◯◯ヨトウはいくつか種類があるようだが、
幼虫の姿はかなり違う。

3日後、廊下をウロウロする芋虫を発見。
もう1匹に追い出されたか。
踏みつけなくて良かった。
クレアに見つかっていたら、どうなっていたんだろう。
うに、なずな、チャタなら、間違いなく食べている。
(だから、その頃は目にしなかったんだね)

刈り込むにはもったいないほどに
見事に伸びていたアイビーの枝を、
カットしてドラセナマッサンの下に植え込む。
そこに迷子の芋虫を入れてみた。
アイビーを食べるなら生き残れるが、果たして。。。

その晩、鉢受け皿の水の中で死んでいた。
そこに落ちるって、どんだけの確率?orz

シダの方の芋虫は大きくなり、
顔がわかるようになった。
どんな食べ方をしているのかと正面から見つめると、
ふいと死んだフリで静止。

最近、フンも姿も消えた。
グラに食べられていなければ、
土中越冬に入ったと思われる。
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |