Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

お試し 防寒グッズ

窓から来る冷気を塞ぐのに、
プラスチック製のパネルを使用している。
厚さ1センチほど。
蛇腹で折り畳めるようになっている。
朝が来ればはずし、夕方になれば立てかける。

クレア君の部屋は腰窓。
これに高さを合わせたローチェストを置いている。
なのでカーテンも短い。
ここから来る冷気が半端ない。

クレア君は子猫時代、
人間の生ゴミをあさって生きていたらしい。
ビニール袋を見れば、まずは爪をかけ食い破り、
中をチェックするクセが相当に根強く残っていた。
いや、残っている。
袋と言わず、本のハードカバー、コミックの表紙、
ポケットティッシュ、掃除用液体のプラボトルやプラ容器など、
関連製品はみんな噛みついてしまう。
腹に入ったら消化できないワケで。
その前に掃除用液体とか、なめるのも勘弁してほしいワケで。
彼の部屋にそういう物は一切持ち込み禁止である。
そして彼は、レースカーテンをなめるようになった。
そう、そこまでする。



そんなクレア君の部屋に、プラ製の板を置くのは非常に不安。
就寝直前にカーテンの中に置き、起床後すぐに片付ける。
ちょいと寝坊すれば、レースカーテンの向こうにあるプラ製の板を
はみはみと味の確認を始めてしまう。
食える物か食えない物か?

いっそ贅沢に温風を吹き出す電化製品を買ってみたかったが、
以前、小型電気ファンヒーターに
ぴったり身体をくっつける子猫がいた事があり、
低温火傷が怖くて落ち着けない。

今回、貼付ける布製品を見つけた。
床にピタッと貼付くタイル型吸着マットの類いで、窓にピタッと貼る。
結露を吸収し、発散し、何度でも貼り直しでき、洗濯もOK。
布なのでもちろんカットフリー。
床用マットや結露用テープとどない違うねん?と思うが、
やはり多少、作りが違う。。。ように思う。

クレア君は布や毛材製品にはまったく興味を示さない。
購入。
すぐに貼ってみる。安心安全で良い感じ。
(窓の部分はぼかしをかけました)



ただ、暗くなるのは否めない。
レースカーテンを引けば、1/3近く影ができちゃう。



まあ、天気がいい昼間ははずしておけばいいんだけどね。
(注意事項にも長期に使用すると密着する事があり、
 時折、装着し直すようにと書かれている)

今のところ、順調。
これで安心して寝坊ができ。。いや、え~っと。。。
関連記事