Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

にゃんず サマリー

ミミ、基本的には機嫌が良い。
たまに不穏化。
摂食量↓
缶詰には口をつけなくなったが、
カリカリと、それをふやかしたものを食べている。
抜け毛が例年よりひどい気がする。
毛玉の嘔吐も増えたが、発作にはつながらず。




グラ、摂食量は上がったものの、充分ではない。
レトルトパウチを追加。
ふりかけも数種類を用意。
夏日が続いた後のいきなりの涼しい日に、
涙目になってしまった。
体力がない猫は、気温の変化だけで涙目になったり、
シュン膜が出たり、鼻水が出たり、
下痢になったり、膀胱炎を起こしたり。
湿度が高いのも体力を奪う。

クレアっち、こちらは摂食量を落としたい。
最近、少しばかり、エサに対する執着が落ちて来たように思う。
一度、体重を測っておきたいが、
タンスの上にいる事が多く、なかなか機会がない。
暑がりのクレアっち、自宅でサマーカットにするかどうか迷ったが、
高い確率でバリカン(ヘアカッター)はムダになると思う。
ペット用クールマットを2点、注文してみた。
家の中を自由に動けるなら、
自分たちで好きな場所を探してもらえるが、
1室限定ではこちらが工夫するしかない。

ミミの粥食は少量ずつ出している。
時間が経ったものより、少しでも新鮮な方が食べる。
グラにふりかけを出す時、
フェンスドア続きのクレアっちはナシってワケにもいかず、
少量、皿に出してお裾分け。
摂食量をあげたくないので、エサにはかけずに別皿。
ウェットフードは、粥食と同様、新鮮みがある方がいいので、
管理しやすいよう、カリカリと分けて別皿。
こちらはクレアっちにも一袋、出す。
というわけで、洗い場は猫の皿だらけ。
関連記事