Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

ニャンズサマリー

ミミ
・寝ている時間がさらに増えた。
訪室時には必ず全身をなでるようにマッサージ。
刺激を与えるためと、循環を促すため。
・エサは、カリカリと重湯の2種を摂取。
水皿と併せて3つの皿が並ぶ。
・排便回数が落ちた。
お通じのための腹部マッサージも追加。

グラ
・歯髄炎により1回の摂食量がさらに低下。
皿に少量ずつ出し、ふりかけをかけておく。
ウェットフードはかえって食べ辛いらしい。
口の中に食物が残り、水皿も汚れやすくなった。
たま~に鳴いているが、基本的には機嫌は良い。
体重減少もない。
・2年前の体調不良時に比べると、
増えていた尿量は減っている。
いつ今以上に減るかと、ちとドキドキ。
・カチカチウンチになって排便が辛そうなので、
こちらも腹部マッサージ。
すんなり出るようになった。細くて少量。

クレア
・ウンチがでかくて大量のため、臭いも強烈。
消臭作用のある、おやつスナック
(ビスカルキャット)を出す事にした。
1日1回、夕方に。
便の貯留時間によるが、うまくいくとほとんど臭わない(^^)v
・睡眠時間が増え、一度に排便し切らずに数回に分ける事あり。
急に腸が動き出し痛がって鳴いたり、
お尻付近に残って気持ち悪がっていたり。
こういう時、猫は保護を求めて
やわらかい布地の上で排泄する事がある。
そう、布団が危ない。
コロコロウンチならまだしも、踏ん張って出すと、
最後には、まだ形になってない泥状のものまで飛び出る。
(これを見て下痢になったと勘違いする飼主がいる程)
というワケで、クレア君も腹部マッサージ。
夜中にウンチが出たら、必ず布団を畳んでから掃除に入る。
いつだったか、ウンチを片付けている間に
布団にやられ、洗濯に苦労した。
猫に布団を取られても大丈夫なようにセミダブルサイズなのだった。
・口の中に食物の残りが増えたため、長年止めていた水歯磨きを再開。


3匹しかいないのに、1日中、エサエサエサの管理。
皿を増やし、できるだけまとめ洗いしているが、
うっかりすると手の主婦性湿疹がピキッパキッとひび割れ。
ウチの中、3カ所にハンドクリームを置いている。
私は8時間寝るタイプで、一番長い放置時間になるため、
就寝直前のエサの確認と腹部のウンチチェックはかなり大事。
これだけで1時間が軽く過ぎる事がある。
マッサージやブラッシングは、
8匹だった頃の事を思えばなんともない。
掃除も格段にラクになった。
関連記事