Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

私にはいくつもの意味のない野望がある

「遊星からの物体X」
(1982年作。原題:The Thing)のファンである。

初めて見たのはTVで、高校生だったかと。
何度も放送され、その度に観た。
大人になってから、ビデオテープも買った。
オリジナルの「遊星よりの物体X」
(1951年作。原題:The Thing from Another World)も観た。

この82年のリメイク版の前日談にあたるストーリーが
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」
(原題:The Thing )として、2011年に出た。
当然、観た。

一度、時系列に観てみたいと思っていたが、
なかなか機会がなく、そのまま。
ついに先日、決行w
2011年作のファーストコンタクトを観て、
続いて、その後のストーリーとなる82年作を観る。

素晴らしい。実に素晴らしい。
きれいに話が通っている。
あの場面もその場面も、
どの場面も見事につながっている。

11年作の方は、良品だけれども
最初はそれほどの感動はなかった。
それがこうして時系列で観ると、かなり秀作。
もしかして、82年作を上回ってるんじゃなかろうか。

オリジナル版を二つに分けて、さらに大展開って感じ。
ってのも、尚更に良い。

原作はジョン・W・キャンベル氏の
SF短編小説「影が行く」(1938年)。
28歳の時に書いたらしい。

大満足である。
にょほほ♪(*⌒―⌒*)
関連記事
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |