Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

映画鑑賞〜夢に見るかと思った

評価が高い「冷たい熱帯魚」が
Huluさんに出ていたんで、
昨晩、やっとこさ観た。
なんせ、2時間26分。

落ち着いた演技は主人公一人だけなんで
ちょい冷めだが(え?上から目線?)、
シロート臭い体当たりの熱感が
いかにもそこらにいる普通の人達を連想させ、
物語のグロさをさらに引き立てる。

このグロさ、「黒い家」に匹敵する。
新聞広告でその小説が出たのを知った時、
なぜか題名に大きく惹かれた。
映画になったので、観た。
うーーーん。。。観るのは1回でいいよね。
と言いつつ、TV放映でも観ちゃったけどさ。

「冷たい熱帯魚」の恐ろしさは、
実際にあった事件を題材にしている事。
埼玉愛犬家連続殺人事件。
(映画ではドッグブリーダーを熱帯魚店に変更)
こんな凶悪事件、なぜ大騒ぎにならなかったのか。

この直前に大阪愛犬家連続殺人事件があった。
これは多くの人が覚えていると思う。
埼玉でも似た事件があると噂になり、
マスコミが取り上げた。
夫婦が逮捕されたのは95年1月初旬。
17日に阪神大震災。
3月20日には地下鉄サリン事件。
埼玉の愛犬家殺人事件は内容があまりにひどく、
表現をソフトにするなどデカくは出せず、
埋もれてしまったらしい。
97年に神戸のサカキバラ事件。
こちらも、連日報道されたが、
内容はあまり知りたいものではなく
視聴率は落ちていったと聞いた。
昼日中の放送を視るのは、子を持つ母親や
茶の間の祖父母達がメインだろう。
事件の大きさと犯人の年齢の衝撃はあるが、
詳細を知るのは不快以外の何物でもない。
その後は、キレる17歳が取り上げられた。

というわけで、話を熱帯魚に戻すと、
「愛犬家連続殺人事件、ああ、あったよね」
となっても、「いや、それは大阪の方」と、
埼玉は事件のデカさの割に知られていない。

ラストの娘の言動は納得。
(映画としてのフィクション)

実話を元にしたエグい事件というと、
「鬼畜」(松本清張)も思い出す。
TV版(ビートたけし、黒木瞳)の方を観た。
検事から聞いた話をベースに書かれたという。
映画版(緒方拳、岩下志麻)もある。

「丑三つの村」もはずせない。
(横溝正史の八つ墓村の元となった津山事件)

映画やドラマになってなくても、
あんな事件やこんな事件や。。。
世界的には平和な日本だが、
意外と凶悪な連続殺人事件は起きてる。。。よね。
関連記事
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |