Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

映画・ドラマ サマリー

何かと用事あり、映画を観る時間がなかなか取れず、
ドラマ中心の日々が続く。

クロッシング・ライン、
出ているシーズン2までを終え、
次に何を見ようかウロウロした挙句、
TRUE DETECTIVE/二人の刑事に入った。
今まで見なかった理由は、いかにも重そうだから。
マシュー・マコノヒーのファンじゃなかったら、
見なかったかも。
逆に言うと、ファンなのに後回しにしていたという。

事件が重いというんじゃなく、二人が重い(^^;

他に興味あるものはなかったので、これを延々と見る。
シーズン1は8話しかなかったのに、ものすごく長く感じた。
見終わった後も、世界観にいつまでも浸る。

シーズンごとにマルッと内容を変えるらしく、
シーズン2は場所もキャストもまったく違うらしい。
楽しみ。

true-d.jpg


そこまでのめり込んだものが終わり、
ドラマ案内の中を再びウロウロ。

日本版THE LAST COP/ラストコップの
シーズン2が3話までたまったので、まとめて見た。

ドクター・フーのシーズン9が出ていたので、視聴開始。
合わせて、名探偵モンクを最初から見る事に。
でもって、デスノート NEW GENERATION
(3人をそれぞれに主人公にしたもの)を見る。
今、これを見ちゃって、
本番の映画がいつ見られるのかは不明だが。

ドラマ、ドラマをおくれ。
夢中になれるドラマをくれ〜〜〜。

映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」(96年作)を見る。
ジョージ・クルーニーとクエンティン・タランティーノ。
ジョージ・クルーニーが若い。惚れ惚れしますにゃ。

ドラマ、ドラマをおくれ。

ドクター・フーとモンクを見ながら、ドラマ案内をさまよう。
と、THE MENTALIST/メンタリストの
シーズン 6がデターーーーッ!
見る、見る、見る、見る。

ネタバレ注意。
レッド・ジョンとの戦いが終わり、CBIは解散。
今度はFBIへ。
ええーっ?という大展開を、サラッと22話まで。
シーズン7がファイナルとなる。

終わった。。。
メンタリスト6も見終わった。。。

映画「デッド・シティ2055」を見る。
ブルース・ウィリスに期待したが、B級ですな。
C級、か?

ストレス溜まって「ホステル3」を見る。
ビシャーッブシャーッのスプラッター。
2がないけど、仕方ない。
見てなくても問題はない。
最後までいい意味で期待を裏切ってくれた。
シリーズの3にしては素晴らしい。
脚本、お見事。

「ホーンズ 容疑者と告白の角」
ダニエル・ラドクリフ主演。
ほぼ2時間ものだったけど、なんとか見た。
切ない。ちょ〜切ない。
ダニエル・ラドクリフは、やっぱ演技力がある。
子役知名度のせいで苦労してるらしいが、
どんどん色んな映画に出てほしい。

モンク、ドクター・フー、ラストコップを見ながら、
合間に「ブラック・ウォーター」を。
ネタバレ、注意。
オーストラリアで実際に起きた事件、
3人の若者が人喰いワニに狙われ、一人が死亡。
二人は木の上でひたすら救出を待った、という話を元に、
若い夫婦と、奥さん側の妹の3名の設定で展開。
そう、「オープン・ウォーター」のジャングルクルーズ版である。
映画としては作り手の意欲が伝わってくるが、
ワニの生態としては「えーーー?」だらけ。
お姉さん、デスロールをくらってよく逃げ出せましたね。
といっても、自分の生態知識もそこらのものなので、
こういうのがアリなのかどうか、なんとも言えない。
集団の中で生きる術を学びとって育ったものと、
行き当たりばったりでなんとか生きてますなワニとがいたなら、
確かに後者は生態もへったくれもないとは思うが。
あと、お姉さんのご遺体をよくボートに乗せられたね。
という疑問点を除けば、映画そのものはなかなか。

「ランナーランナー」
ジャスティン・ティンバーレイクと
ベン・アフレックのカメラ映えが良い。

「クラウン」
うーん。。。
作りはいいし、役者さんたちもいい。
ストーリーが今ひとつ。。。残念。

ドクター・フーの9を見終わり、
モンクさんに会い続けている。

12月はたっぷり映画を観たいなあ。
関連記事
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |