Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

攻殻機動隊フェス その行方

これで、いよいよ攻殻機動隊。
と思ったが。。。

Huluさんですこーしずつ視聴していた、
TVドラマ「死霊のはらわたリターンズ」
(シーズン2まで)と
懐かしのアニメ特集「キャッツアイ」
(シーズン1のみ)が、
どちらも残り3〜4話分なのね。

ここで間を置くよりは、スッキリ終えた方が早いよね。
そうだよね。

キャッツアイ、視聴。終わった。
3姉妹、美しすぎる。

はらわたリターンズ、視聴。
1より2がグッと面白い。
元々は映画を作ろうとしたそうだが、
予算が集められず、TVドラマになったらしい。
通りで。
海外ドラマって、終わり方が尻切れトンボが多いのに、
(日本ならバッシングものだよと、いつも思う)
1〜2で一つの長編映画を観たような、
見事なまとまり感。

大満足っす♪

これでやっと、ホントのホントに攻殻機動隊に入れる。
第1話から見直す。

シーズン1は活躍が痛快だったが、
2はやたらと政治の話が。
公務員だねぇ。組織なんだよねぇ。

と、Huluさんにクルミナル・マインドの
シーズン10が入ったのを知った。
お、お、お、待ってました〜!
今、入ったとこなら、まだまだ数ヶ月は大丈夫。
先に攻殻機動隊を終えよう。

なんて我慢できるハズもなかった。
クリミナル・マインド10に入る。
時間に余裕がある時はホッチ(クリミナル)を、
余裕がない時は少佐(攻殻機動隊)を。
ああ〜、贅沢。

攻殻機動隊、政治の駆け引きは止まらず。
少佐はいつも通り、自分たちの立場も含めて
プロ意識に徹しているが、仲間達はクサる。
当然だよね。やってらんないよね。
20代なら、反乱を起こすよ。

で、クリミナル一色に突入。
相変わらずエグい事件を、
こちらもプロ意識で冷静に分析。
よくまあ、そんなサラリと話し合えるもんだね。
視聴者の代弁をしてくれるのがガルシア。
涙ぐみ、言葉に詰まりながら、
「こんな、こんな酷い事件、私、もうムリです」
アンタ、そんな事を言ってる場合じゃないよ。
さっさとやらないと、次の被害者が出ちゃうじゃないの。
犯人だって逃げちまうじゃないの。
と、スルリと分析捜査官側の立場に戻してくれる。
頑張れ、BAU(行動分析課)。

シーズン10、視聴終了。
はーっ。

数日間で一気にあれこれの世界観に浸り、疲れた。
休憩。

2日休んで、攻殻機動隊に戻る。
アニメ版2は、どうも私には合わない。
と思っていたら、最終回のあるシーンで
ウッと涙がこみあげてしまった。くっ、不覚。

あの声であの歌は反則やろぉ〜。
あの歌を選んだ人、出て来〜い。
アンタは天才だッ!

感動の続きで3へ。長編の1話もの。
クールでミステリアスな少佐。
やはり、少佐はこうでなくちゃ。

グダグダで始まり、
のそのそした攻殻機動隊フェスだったが、
総じて大満足である。

あとは劇場版2本と、
アリスシリーズ&新劇場版ですにゃ。
関連記事
THEME:日々の出来事 | GENRE:ブログ |