Moon Night
プロフィール

kurage

Author:kurage
気がつけばアラフィフ。関西在住、女性。自宅安静中。起きて動けりゃいいやの毎日。特技を活かし「セラピールームくすくす」を運営。三毛のシニア猫が1匹。鉢植えが16個。

日本骨髄バンク
アルバム

うに 入院継続

午前中、動物病院より
うにの検査結果の連絡あり。

3日間の静注点滴で
クリアチニン20→15
(正常値0.8~1.8)

今後、20時間の点滴をしたいと。
入院継続を承諾。
次回、血液検査は3日後の日曜日。
(日曜も午前診をやっている)

夕方、見舞いに行く。

尿素窒素は院内の簡易検査機で測定不能。
正常値17.6~32.8で140.0以上。
電解質の狂いはナシ。貧血ナシ。
肝機能ノーマル。末血ノーマル。
アンモニア口臭あり。
嘔吐は消失したが、今朝から流涎が出現したと。

本人はよく動き、体重減少もない。
グルーミングができていないが、毛艶はそう悪くない。
スタッフ達はその様子を不思議がるが、
クラゲ家の猫達はなんのかんのあっても、
根はたくましいのだ。
そこらのヤワな猫達と一緒にしないでほしい。

急性腎不全による尿毒症は、予後が大きく別れる。
どっちに転ぶか。
確率は半々ではない。
「その後、軽快するケースもある」という表現になる。
本人(うにだよ)と相互理解の上で、
安楽死も視野に入れている。
病院からはその話はまだ出ない。
現時点での問題は、入院で点滴を続けるか、通院にするか。
朝一番に連れて行き、夜、迎えに行く。
つまり、入院は持続点滴のためだけなので、
どこで通院に切り替えるか、になる。
その先の問題は、点滴に反応しなくなったらどうするか。
それがいつになるのか。

ま、先は考えまい。
関連記事